育児中の働き方を考えよう

雇用において男女平等が広がってきており、結婚しても共働きをする夫婦が増えてきています。最近の男性は教育で家庭科の分野も学んでいるので、それぞれ協力して行うことも多く、一昔前に比べて家事の分担をするようになってきているといえるでしょう。

しかし、これが妊娠や出産となれば、必然的に女性の役割になり、流れで自然と育児は女性の仕事になってしまいます。ただ赤ん坊のころはともかく、保育園に預けることができるようになると働きたい、そう思う人も増えてくるはずです。仕事と子育てのどちらが優先されるのか、これは人それぞれ、家庭によって違ってくるので、正解はありません。ただ母親であっても仕事がしたい時に気持ちを諦めることなく、時短勤務などの働き方を活用するといいでしょう。

特に女性が働く職場として代表的な看護師や介護士といった職業は肉体面と精神のどちらも負担が大きく、育児休暇を終えてすぐにフルタイム勤務は厳しいものがあります。小さな子供は体調を崩しやすいので、ある程度は時間に余裕を作っておかなければなりません。そうした背景からも、時短勤務を利用することが有効的だといえます。

子育てするために仕事を諦めるのは、もう時代遅れです。社会全体で仕事をしながら子育てができる環境づくりが整いつつあるので、ぜひ仕事と育児の両立に挑戦してみてはいかがでしょうか。社会と繋がりを持ち続ければ、人生をさらに豊かにできます。

仕事の育児の両立を成功させるには、先輩たちから詳しい話を聞くのが一番です。その中で重要なポイントは、雇用形態の選び方です。まずは女性に役立つ時短勤務について、しっかり調べてみることをオススメします。