女性の時短勤務の現状

出産を機に時短勤務を希望する女性は多くいるので、時短で働ける職場には応募が殺到する事が多々あります。そうした中で働きたくても働けない人がいる一方で、手に職を持っている人はわりとスムーズに復帰出来るという実情があります。

看護師はその一つであり、経験を積んだ人が、育児中自分のタイミングに合わせて働きに出られる人が多くいます。中には看護師の職場復帰を後押しして、院内に保育園を作ったり週3日以上で雇用保険や昇進を認めてくれる等、正社員と同じ様に扱ってくれる職場もある程です。また復帰の時に希望すれば、夜勤免除と休日出勤免除が出来るケースもあります。この制度によって育児中の看護師は時短勤務でも安心してやりがいを持って働く事ができ、病院側は大切な看護師の離職を防ぐ事が出来るという双方にメリットが生まれるのです。

こうして時短勤務がしやすい環境にしている病院が増えていく一方、現場では皆が満足しているわけではないことも知っておくことが大事です。夜勤を免除する看護師の裏には、その看護師をフォローする為に夜勤が増える看護師がいます。時短だからと夕方に帰る看護師がいれば、夕方以降少ない人数で手が足りない結果残業に繋がってしまうこともありえるでしょう。その為、時短で帰る人は当たり前と思わず、周囲がフォローしてくれている事に感謝を持つ事が重要です。その気持ちを持つことが、互いが気持ちよく働けることに繋がります。できることとして、時短で働いている間は誰よりも努力して頑張ったり、長時間勤務の人を先に休憩に入れる等の気遣いを実施するといいでしょう。